宮崎の看護師が失敗しないで転職する方法

宮崎の看護師が失敗しないで転職する方法転職・就職
宮崎の看護師が失敗しないで転職する方法

引用元:雇用人財育成・確保対策特別委員会 報告書 資料

こちらは宮崎県議会で公開されている資料から抜粋した、宮崎県の看護職員数の推移に関してのデータです。
表によると看護師をはじめ、保健師と助産師の職員数は年々増加傾向にあります。
平成24年と平成30年の数値を比較すると看護業界全体で920人、看護師だけでは1,719人と、大幅に職員数が上昇しています。

データを見ると分かりますが、近年、宮崎県では看護師など看護人材の需要が増えています。

また、同資料内には看護職員の有効求人倍率についてもデータがまとめられています。

引用元:看護職員の労働実態調査結果報告

全国と宮崎県を比較したデータですが、年数を重ねるうちに宮崎県の倍率が全国の数値に近づいています。
いずれの年も全国の有効求人倍率よりは宮崎県の数値は低いですが、平成31年の段階で差は0.48%まで縮まっており、宮崎県での看護人材の需要増加を感じます。

このように宮崎県では看護人材の需要が高まり、求人数も増えているですが、転職活動をする際にはいくつか注意しなければならない点があります。
平成29年に日本医療労働組合連合会が公開した調査では、現職の看護師のうち約7割が仕事を辞めたいと思っていることが分かっています。

せっかく転職をして新しい職場で働き始めたとしても、転職先の環境が悪ければ仕事は長続きしません。
転職先に求める条件をいくつか挙げて、自分に合った勤め先を見つけて転職するのが理想的です。

しかし宮崎県のように求人数が多いと、選択肢が広がる反面、自分に適した転職先がどこなのか探すのに苦労してしまいます。

そこで看護師で転職を考えている方におすすめしたいのが、転職サイトの利用です。

転職サイトを利用すると、求人探しや条件交渉などに時間をかけることなく、自分に合った勤め先が見つけられます。
自分で調べて転職先を絞り込むよりも、ずっとスムーズに転職が可能です。

本記事では、看護師が転職に失敗してしまう原因と対策をご説明するとともに、転職サイトを利用するメリットについてもお話していきます。

また、宮崎県を含む全国に対応した看護師向けの転職サイトを、目的別にまとめてご紹介いたします。
転職にお悩みの看護師の方は、ぜひ最後までご覧ください!

宮崎における看護師の就職・給与状況

宮崎の看護師の就職・離職は?

宮崎の看護師の就職・離職

記事の冒頭でも引用した宮崎県議会で公開されている資料からの抜粋したデータです。

宮崎県内の看護職員養成機関の充足率と、県内の就職率が記されています。

県内就職率の平均は平成26年度で59.2%、平成29年度で57.7%と、いずれも半数以上が県内の病院などの看護職に就いています。
また、養成機関の充足率を見るとどの課程でも100%前後を推移しており、宮崎県内での看護資格を取得したいと考えている人が多いことがうかがえます。

看護師の離職率に関するデータ

続けてこちらも宮崎県議会で公開されている同資料から抜粋した、離職率に関するデータです。

平成24~28年度の間、宮崎県での常勤看護職員の離職率は8.4~9.9%と、全国の離職率よりも低い数値となっています。

新卒看護職員の離職率については全国の数値を下回る~同数値となっている年がほとんどですが、平成28年度では全国の離職率を大幅に上回っています。
県内の離職率は平均して全国の数値を下回っていますが、新卒看護職員は年度によって変動があり、新人看護師の転職・再就職の需要は高いように思えます。

宮崎の看護師のお給料は?

平成30年の時点で宮崎県内の看護職員数は約2万人となっていますが、県内の看護師のお給料はどうなっているのでしょうか。

宮崎県の看護師の給料

引用元:雇用人財育成・確保対策特別委員会 報告書資料

平成28年度に行われた県の調査では、宮崎県での看護師の毎月給与額は平均で295,800円。
全国の平均は331,800円なので、宮崎県の毎月給与額は全国平均より36,000円ほど低い金額となっています。

全国と比較すると低いように感じますが、厚生労働省が同年に行った給与に関する調査では、宮崎県の全業種の平均月収は243,600円となっています。
平均で見ると、県内での看護師の給与額は決して低収入ではないと言えます。

看護師は安定した給与を得られる職業ですが、もちろん勤務先によって支払われる給与額は変動します。
転職をする際には、お給料に求める条件を満たす勤め先を見つけるようにしましょう。

看護師が転職を失敗しないためにやっておくこと

記事の冒頭で平成29年に日本医療労働組合連合会が公開した調査では、現職看護師の7割が仕事を辞めたいと考えています。
ですが、その中には再就職先に現職と変わらずに看護業界を選ぶ人も多いです。

また、同資料内には仕事を辞めたい理由についても調査がされています。

最も回答が多かった理由は「人手不足」、次いで「賃金の低さ」であり、いずれも自分に合った勤め先に転職することで改善が見込める内容です。
理想的な転職をするために、この項では看護師が転職で失敗してしまう理由と、その対策をご説明していきます。

転職理由をハッキリさせる

まず、仕事を辞めたいと思った際になぜ仕事を辞めたいのか、理由をハッキリさせ、自分自身で理解することが大切です。

例えば「同期が辞めるから」「なんとなく合わないから」といった漠然とした理由で仕事を辞めてしまうと、再就職先選びを誤って、転職を失敗しやすい傾向にあります。
転職理由をハッキリさせることで、自分が今の職場にどのような不満を持っているのかが分かります。

どのような不満を抱き、改善したいと思っているのかを明確にしなければ、再就職先に求める条件を絞りきれないまま、転職活動をすることになってしまいます。
条件を絞らず転職活動を始めると、自分に合った求人がなかなか見つからなかったり、そもそもどの求人がいいのかが分からなかったりします。
そうして曖昧な状態で再就職先を決めてしまうことで、「転職しないほうがよかった」と転職を後悔する結果になってしまうかも。

転職理由がハッキリしていないことで、転職を失敗する可能性が高まってしまうのです。 前述した通り、日本医療労働組合連合会が公開した調査では、看護師が仕事を辞めたいと思う理由のうちで最も多かった回答は「人手不足」となっています。

看護師が仕事を辞めたいと思う理由

次に「賃金の低さ」や「休暇取得の難しさ」などが挙げられ、辞めたいと思う理由はさまざまです。
中には「高度化についていけない」と業務内容の変化に対する悩みが理由になっている人もいます。

この場合、高度化が進んでいる大きな病院に転職してしまうと、再就職先でも同じような悩みを抱えてしまうかもしれません。

地元に密着した小さな病院やクリニックに求人を絞ることで、仕事を辞める要因となった悩みを解決することができます。
明確でないままに転職を考えている人は、はじめになぜ辞めたいのかをハッキリさせるようにしましょう。

希望条件に優先順位をつける

転職理由をハッキリさせて希望条件を絞ったら、次は条件に優先順位をつけていきます。
いくつかの条件を挙げたことで、転職先に求めることが明確になります。

しかし条件を挙げすぎていると「最も大事な条件」が埋もれてしまい、自分に合った勤め先を見つけづらくなってしまいます。
例として、以下に「収入」を重視した条件をいくつか挙げてみました。

  • 高収入
  • 賞与(ボーナス)の有無
  • 退職金の制度設定
  • 残業代の支払い
  • 昇給の有無

「収入」に絞っただけでも5つの条件に分岐しました。
ここから細分化していくと「年収はいくら以上」「昇給の頻度」といった形で、求める条件が増えていきます。
さらに「収入」の他にも、大きなカテゴリーで分けて「職場環境」「経営方針」「福利厚生」などがあります。

求める条件を挙げていくと気付けば10、20…と数がかさんでいき、キリがありません。
当然、条件が多ければ転職先も限られていきます。
あれもこれもと盛り込んでいくと、自分に合った求人がゼロ…なんてことになってしまい、転職できずじまいです。

条件を並び替えて優先順位をつけることで、重要なものとそうでないものを区別できるようになり、自分に合った求人も見つけやすくなります。

また優先順位をつけることで、希望条件により合った求人探しが可能になり、転職にかかる時間を削減することができます。
スムーズな転職活動を行うために、希望条件を明確したら優先順位をつけましょう。

求人情報をよく確認する

条件に優先順位をつけて、より自分に合った求人の情報を見つけることができたら、その求人情報をよく確認するようにしましょう。

なぜかと言うと、「条件で絞り込んだ求人だから、細かい確認をしなくても大丈夫だろう」とたかをくくって転職先を決めると、優先順位をつけて求人を絞った意味がなくなってしまうからです。

優先順位を高くしていた希望条件の「高収入」「通勤しやすい」に当てはまった病院で面接を受け、無事に再就職が決まったとします。
実際に働き始めてみると、人手不足で激務に追われ、勤務時間外の労働も多い…なんて想像と全く違った職場環境に振り回され、転職に失敗してしまう可能性があるのです。

自分に合った職場に就くためには、あなたの職場環境のイメージ実際の職場の乖離を、事前にできるだけなくしておく必要があります。
条件に沿って求人情報を見つけたら、優先順位が下位になった条件も鑑みて、もう一度求人情報を精査します。
病院の規模はどれぐらいなのか、仕事内容に対して自分のスキルは追いついているのか。少しでも不安に思ったことは、求人情報に記載がないか、よく確認しましょう。

また、転職した後についても想定しておくと、より乖離をなくすことができます。
通勤時間はどれぐらいになるのか、帰宅時間は何時頃になりそうかなど、生活にどのような変化がもたらされるかを考慮して、再就職先を決めるのがおすすめです。
希望条件に沿った求人情報でも、詳細のチェックは怠らずに転職先を選びましょう。

看護師の転職に転職サイトの利用が適している理由

ここまでは、看護師が転職を失敗してしまう理由と対策をご説明してきました。
留意する点が分かったことで、転職活動を始めやすくなったのではないでしょうか。

しかし、実際に転職活動をしてみると、求人を探して選び、面接や雇用条件の交渉をするなどやることが多く、なかなか思った通りに進まないこともあります。
あらゆることを一人で行わなければならず、途中で転職をやめてしまう人も一定数いるようです。

そこでおすすめしたいのが、転職サイトの利用です。
転職サイトを利用すると、プロによるサポートを受けながら転職活動ができます。
具体的にどのようなサポートが受けられるのか、ご紹介していきます。

地方でも丁寧な面談や選考サポートが受けられる

転職サイトでは主に以下のサービスを受けることができます。

  1. 面談(希望条件のすり合わせ)
  2. 求人の紹介
  3. 面接の調整やサポート
  4. 条件交渉
  5. 内定後のフォロー

※サイトによってサービスの詳細が違う場合があります。

転職サイトに登録して担当者から連絡を受けたら、対面や電話で面談を行い、希望条件や要望などのヒアリングをしていきます。

多くの転職サイトでは面談では転職に関する些細な疑問から、転職しようか迷っているといった相談ベースからヒアリングを行っています。

転職がはじめてで不安な人も、転職サイトからの丁寧な面談を受けることで、不安や疑問を解消してから転職活動が行えます。
面談にて希望する給与額や勤務形態など、あらかじめ出しておいた条件を伝えた後、依頼者に代わって条件に適した求人を探し、紹介してくれます。

その後、面接日程の調整を転職サイト側が行うほか、履歴書の記入や面接の対策など、採用過程のサポートが受けられます。
面接を受け、内定確定後は面談の際に伝えた給与や待遇に関しての交渉と確認を、転職サイト側が代わって対応をし、転職完了といった手はずになっています。

このようにあらゆる対応を代理で行ってくれるため、一人で行うよりもずっと円滑に転職活動が進みます。
なお、登録する段階で「今すぐの転職を考えていない」といった場合でも、登録を受付けているサービスがほとんどです。

サービスに登録しておくことで新着の求人情報を受け取ることができ、送られてきた情報を元に自分のペースで転職活動を進めることも可能です。転職について悩んでいる人も、一度登録をしてみるのがおすすめです。

面談は対面以外にも電話面談をしているサービスが多いため、全国対応の転職サイトを利用すれば、地域を問わず同様のサポートが受けられます。 宮崎県にお住まいの方でも安心してサービスが利用できます。

条件の交渉などを代わって対応してくれる

一人で転職活動を行った場合と転職サイトを利用した場合で大きな違いが出るのが、内定後の交渉と転職後のアフターフォローです。

転職活動をする際に多くの方が気にするのが収入の変化ではないでしょうか。
転職後にできるだけ給与をアップさせるには、病院側との交渉が必要になってきます。

一人で転職活動を行った場合、自分自身で病院側と交渉をしなければいけませんが、転職サイトを利用すれば大変な交渉も代理で行ってくれることもあります。

転職サイトは看護業界の年収情報について熟知しているため、依頼者のキャリアやスキルを考慮した上で、適した給与・待遇を交渉してくれます。
交渉を代わってもらうことで、最適な条件交渉が可能になります。

その他にも、転職サイトを利用すると、転職後のアフターフォローが受けられます。

転職後、病院で働き始めてみたら聞いていた条件と違っていたなど、何かトラブルや齟齬が生じた場合は、利用した転職サイトへ相談をすれば代わって対応をしてくれます。
一人で転職活動を行った時と違い、条件の交渉や病院側とのトラブルなど、精神的ハードルの高い対応を代理で行ってくれるので安心です。

非公開求人の情報が得られる

転職サイトに登録をすると、病院・施設のホームページやハローワークなど、一般には公開されていない「非公開求人」の紹介が受けられます。

非公開求人とは、病院・施設側が転職サイトへ依頼をして、より良い人材を非公開で募集を行っている求人です。
多くの転職サイトが

・通常の求人よりも好条件のため、応募が殺到することを防ぎたい
・在職の看護師に知られたくない(通常の看護師より年収が高いなど)

といった理由で高待遇な求人を非公開にし、登録者のみを対象に紹介しています。

インターネットで調べたり、ハローワークを使ったりしても、なかなか希望条件に合った求人が見つからない場合があります。
そこで転職サイトを利用することで、通常では知ることのできない非公開求人の中から、自分に合った求人の紹介を受けることができます。

また、転職サイトによっては「○○病院の求人を探している」と面談時に伝えることで、非公開で紹介をしている希望病院の求人を紹介してくれることもあります。

インターネットやハローワークを見ても希望する病院の求人を見たことがないとお悩みの人にも、ぜひ一度転職サイトに登録していただけたらと思います。

目的別 おすすめの看護師転職サイト

宮崎の看護師が失敗しないで転職する方法

実際に転職サイトを利用しようと思った時、迷うのが転職サイト選びです。
看護師専門の転職サイトはいくつもありますが、サイトを見比べるだけでは、どこのサイトが自分に合っているのか分かりづらいかと思います。
転職活動の一から十を支えてくれる転職サイトをなんとなく選んでしまうと、希望した通りの転職がなかなか叶わないかもしれません。

今回、看護師を専門にした転職サイトのうち、当サイトでおすすめの転職サイトを目的別にまとめました。
いずれの転職サイトも宮崎県で利用できるサービスとなっています。 転職をお考えの方は、目的に合わせてぜひ参考にしてみてください。

初めての転職で不安な人向け

看護のお仕事

運営会社:レバレジーズメディカルケア株式会社
拠点(オフィス): 全国12箇所
対応施設:病院・クリニック・介護関連・訪問介護・保育 他
求人数:約0.2万件

看護師、准看護師、保健師、助産師の求人・転職は【看護のお仕事】
「看護師のお仕事」は、入職した人へ職場の様子についてヒアリング行ったり、キャリアアドバイザーが直接施設に足を運んで施設の情報を収集したりと、現場の情報に精通した転職サイトです。
職場のリアルな情報を知って転職先を選べるため、より満足感のある転職ができるようなサポートが受けられます。
面接対策の準備でも、サービスを利用して過去面接を受けた人から面接内容をヒアリングしているため、より具体的なアドバイスを受け、面接対策が行なえます。
事前に職場の情報を得て転職先を決めることで、職場環境のイメージ実際の職場の乖離を事前になくしておくことができます。
できるだけ多く情報を収集してから転職がしたいとお考えの方におすすめの転職サイトです。

求人掲載数が多い

ナースエージェント

運営会社:株式会社プロトメディカルケア
拠点(オフィス):東京
対応施設:病院・クリニック・介護関連・訪問介護・企業 他
求人数:約11万件

約11万件の豊富な求人情報の中から、自分に合った求人を探せるナースエージェント
こちらのサービスでは、他の転職サイトでご紹介したようなコンサルタント支援はなく、自分のペースで転職活動が行えます。
業種や雇用形態、診療科目など、検索項目が細かく選べるようになっており、求人数が多くても、希望条件に合った求人を自分の手で見つけることができます。
サービスの中には転職マガジンの配信もあり、求人情報の収集に長けたサイトです。
マイペースに転職がしたいとお考えの方や、仕事と家庭の両立で忙しく、なかなか転職活動ができないとお悩みの方におすすめです。

医療ワーカー

医療ワーカー

運営会社:株式会社TS工建
拠点(オフィス):全国14箇所
対応施設:病院・クリニック・介護関連・訪問介護・企業 他
求人数:約9万件

医療WORKER★看護師さんの支持率四年連続No.1!
こちらも約9万件と豊富な求人情報の中から、自分に合った求人の紹介が受けられるサービスとなっています。
また、公開案件の他にも非公開求人の取り扱いもあり、サービスに登録することでさらに多くの求人情報から、自分の希望に合った求人に出会えます。
2016年・2019年に厚生労働省より『職業紹介優良事業者』に認定されており、サービスの優良さは折り紙付きです。
豊富な求人数の中からコンサルタントの支援を受けて、自分に合った求人探しがしたいとお考えの方に、ぜひおすすめしたいサービスです。

独自の転職サポート

ジョブデポ看護師

運営会社:with Career株式会社
拠点(オフィス):東京
対応施設:-
求人数:約1万件

あなたの”理想の職場”が見つかる!【ジョブデポ看護師】
医療求人の情報に特化した看護師向けの転職サイトです。
拠点は東京のみですが、求人情報は全国に対応しております。
地域を選ばず幅広い条件の求人を取り扱っているので、希望する希望に合った求人を見つけやくなっています。
また年齢層も幅広く、50代後半の方も希望していた条件に合った求人に転職が成功しています。
ジョブテポを利用することで独自の転職サポート「お祝い金の進呈」が受けられます。
サービスを通じて入職をした人へお祝い金の40万が進呈されます。
転職を成功させてお祝い金を受け取れるお得な転職サイトです。

ナースパワー人材センター

運営会社:株式会社ナースパワー人材センター
拠点(オフィス):全国16箇所
対応施設: 病院・クリニック・介護関連・訪問介護・保育・居宅支援事務所 他
求人数:-

ナースパワー人材センター は、創立30周年の老舗看護師向け転職サイトです。
全国16箇所にある拠点で求人を募集し、全国各地を対象にさまざまな看護師求人を取り扱っています。
年間の看護師紹介数(転職数)は5,000名を突破しており、転職サイトの中でも人気の高いサービスとなっています。
ナースパワー人材センター では「応援ナース」という制度を行っています。
6ヶ月の期限付き雇用契約で、都市圏の場合であれば月収45万円が保証され、利用者数は毎年2,000名以上と人気の制度です。
老舗サービスだからこそ築ける求人先との厚い信頼関係で、看護師も内定が決まりやすく、利用者の91.3%が採用されています。 依頼者の希望する条件と求人先が求める人材をマッチさせ、手厚いサポートで転職を支援してくれます。

ナースJJ

運営会社:株式会社 カスタマ
拠点(オフィス):東京
対応施設:病院・クリニック・介護関連・検診施設・障害者関連 他
求人数:約4万件

生の情報満載 看護師転職サイト『ナースJJ』では「看護師応援プロジェクト」と称して、サービスを介して転職をした人を対象にリアルな職場の状況に関してアンケートなどを行っています。
該当のアンケートなどの調査に協力・回答者を対象に謝礼に最大35万円を送っています。
転職前は「看護師応援プロジェクト」で得た現場の情報を参考に転職活動が行えて、転職後は調査に協力することで謝礼を受け取ることができるサービスとなっています。
無料登録も簡単で、転職活動をはじめやすい仕様になっています。 ぜひ一度、利用を検討してみてください。

ジョブメドレー

運営会社:株式会社メドレー
拠点(オフィス): 東京
対応施設: 病院・クリニック・介護関連・訪問介護・歯科・美容クリニック・保育・薬局 他
求人数:約2万件

LINEでの相談も受付けている、とっても手軽な転職サイト。
メッセージでのやり取りが可能なため、地方の方におすすめです。
さまざまな施設からの求人情報に対応しているため、希望する施設の求人が見つかる可能性が高くなっています。
スカウト機能も備えており、登録者のプロフィールを見て、病院側からスカウトのメールを受け取ることも可能です。
サービスを利用してみると思わぬ求人との出会いがあるかもしれません。
また、こちらでもサービスを介して入職した人を対象にお祝い金の進呈をしています。
求人によって金額が変動しますが、求人探しをしていて希望通りの求人がなかなか見つからない人は、ぜひこちらのサービスを利用してみてください。

派遣・非常勤の求人

MCナースネット

運営会社:株式会社 メディカル・コンシェルジュ
拠点(オフィス): 全国25箇所
対応施設: 病院・クリニック・介護関連・訪問介護・企業・コールセンター・保育・治単発やスポット:デイサービス・巡回入浴・ツアーナース(イベント)・健診・クリニック・病棟
求人数:約1.6万件

MC─ナースネットでは、常勤を希望する看護師に加えて、派遣や非常勤の求人を探している看護師を対象に、転職サポートを行っています。
オンライン申し込みで地方住まいの方でも申し込みやすく、丁寧なヒアリングで依頼者の希望に合わせた転職活動をサポートしてくれます。
またUターンやIターンを目的とした転職相談にも対応しているため、地方での勤務をお考えの方にも最適です。
派遣や非常勤(単発)の求人探しにも最適で、対応施設もデイサービスや巡回入浴といった介護に関連する求人や、ツアーナースなどの求人も豊富です。
「前職を辞めてから時間が経っていて、すぐ復職するのは不安」といったお悩みをお持ちの方も、派遣や非常勤での求人でゆっくりと現場復帰ができます。

まとめ

目的別の看護師向け転職サイトまとめは参考になりましたか?
実際に転職サイトを利用する前に、看護師が転職を行う前に注意しておきたいポイントをおさらいしましょう。

  • 転職をする前に、まず転職理由をハッキリさせて希望条件を挙げる
  • 求人情報をよく確認してどんな職場かイメージしておく
  • ハローワークや雑誌の求人で希望する勤務希望先が見つからなかった場合は転職サイトに掲載があるかも
  • 全国対応などの看護師転職サイトを利用し、サポートを受けての転職活動がおすすめ

自己分析を行い、転職サイトを利用することで円滑な転職活動が実現します。
転職する際はぜひ当記事を確認しながら行ってみてくださいね。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました