未経験からでもOK!クリエイターに転職する方法

クリエイターに転職する方法転職・就職

WEBデザイナーだけでなく、ゲームや映像、広告などのさまざまな業界で活躍を見せるクリエイター職。
ホームページや動画広告など、生活で目にするあらゆるデザインは、クリエイターとして働く人達の手で創られています。

「クリエイター」と聞くと、専門知識に富んだ人が就ける仕事だから未経験で転職に挑戦するのは難しいと考える人も多いのではないかと思います。
もちろん、知識がなければ実際に仕事に就くことはできませんが、未経験からクリエイター職への転職は十分に可能です。

今回はクリエイターの転職方法をご説明するとともに、未経験からのクリエイター転職についても解説していきます。
クリエイターに関する転職でお悩みの方は、ぜひ最後まで当記事をご覧になってください!

クリエイターの種類と仕事

クリエイターの種類と仕事

「クリエイター」と一口に言っても、業界によって仕事内容はさまざまです。
未経験の方にも分かりやすいように、数あるクリエイター職の中でも代表的な職種と仕事内容をご紹介していきます。
まずは、なりたいとイメージしているクリエイターがどのような仕事をしているのかを知ることから始めましょう。

WEB・広告

クリエイターと聞くと、WEB系の仕事をイメージする人は多いのではないでしょうか。
WEB系のクリエイター業は、多くの人々の生活に関わるデザインやクリエイトを担っています。
その中からいくつかをピックアップしてご紹介します。

WEBデザイナー・制作

企業ホームページやブログのテンプレートなど、さまざまなWEBサイトはクリエイターによってデザイン・制作されています。
見栄えやデザイン性だけでなく、サイトの目的を重視して、閲覧したユーザーが利用しやすいサイト制作を行います。

WEBデザイナーの他にも、プロジェクトの統括を担う「WEBディレクション」や、クライアントからの要望を汲み取って設計を行う「WEBプランニング」などの業務も兼任することがあり、WEB制作にはさまざまなタイプのクリエイターが携わっています。
必要となるスキルは仕事によって異なりますが、いずれもWEB制作に関する知識や、Illustrator・Photoshopを使ったデザインスキルがあるとよいでしょう。

広告制作

街やWEB上で目にする機会の多い広告を制作するのも、クリエイターの仕事です。
広告のデザイン・制作ではクライアントの要望に沿って、広告の企画立案からデザイン・コピー作成やチェック、スケジュールの進行・管理まで幅広く対応することがあります。
ときには広告の質を高めるために、クライアント企業や利用者へのインタビューや調査を実施することもあり、精力的に意見を取り入れて制作を進めていくクリエイター職です。
パソコン作業が主なため、パソコンに関する操作知識と、Illustrator・Photoshopを使ったデザインスキルがあると有利に転職ができます。

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは、ポスターやフライヤー、新聞・雑誌などの主に印刷物をデザインする仕事です。
依頼されたクライアントからの要望やコンセプトの説明を受けて、ターゲット層に合わせたデザインを考案します。
制作物によってはイラストレーターやコピーライターとチームでデザインをする場合もあります。
デザインに関するスキルや知識を身に着けておくと挑みやすい仕事です。

UI・UX

クリエイター・デザイン業界で近年になって耳にすることが増えた職種が多いのがUI・UXデザイナーです。
WEBサイトの制作に関わる職種の一つで、WEBサイトを閲覧するユーザーの視点・操作感などの体験を大事にしてデザインをするのが主な仕事です。
似た名称のため混在してしまいがちですが、担う業務内容はそれぞれ異なります。細かい違いについてご説明していきます。

UIデザイナー

UIとは「User Interface(ユーザーインターフェース)」の略称です。
ユーザーと製品・サービスの接点を指し、利用するユーザーがより使いやすいデザインを実現します。
WEBサイトであれば見やすいフォントやカラーリングを考えたり、ボタンの大きさや位置を調整したりと、デザインの細部までこだわってユーザーに寄り添ったサイト制作を行います。
他のWEB制作・デザイナーと同様にデザインスキルを要する仕事で、第三者の視点に立ってデザインをする能力が必要になります。

UXデザイナー

UXとは「User Experience(ユーザーエクスペリエンス)」の略で、ユーザーが製品・サービスを使った体験を意味します。
サービスを利用した際にユーザーが感じる「楽しさや心地よさ」を優先したデザインをします。
サイトの見た目以外の要素を考慮し、どうすればユーザーが満足感を得てサービスを利用できるのかに焦点を当てた制作になります。
UIデザイナーはデザイン寄りで、UXデザイナーはインサイト考察が重視されます。

アート制作

日々の生活に携わるデザイン以外にも、娯楽として暮らしに彩りを与えれてくれるコンテンツでクリエイターは活躍しています。
クリエイター職の中でもエンターテイメント性に長けたデザイン担うことが多く、憧れる人の多い職種が揃っているのではないかと思います。

ゲームデザイナー

ゲームデザイナーは家庭用ゲーム機やソーシャルゲームなどのキャラクターや背景、図柄といったグラフィックをデザインする仕事です。
その他にもスキルに応じて、ゲームの世界観や物語、ゲームシステムなどの根幹に関わる部分のクリエイトに携わるなど、幅広い業務内容を任されることもあります。
TVゲームや携帯ゲーム機以外にもスマートフォンゲームの普及が進み、求人も増加傾向にあります。
必須の資格はありませんが、グラフィックのデザインスキルの他にもプログラミングスキルを持っているとさまざまな業務に携わることができます。

映像クリエイター

映画・テレビ・ゲーム・CMなど、多岐にわたる映像を、クライアントと提携して制作チーム一丸となってデザイン・制作します。
デザイナーであれば、伝えたいメッセージを踏まえて、企画立案、シナリオや絵コンテなどを作り、方向性を決めつつ制作を進行していくのが主な仕事になります。

その他にも企画全体の統括を担う「プロデューサー」や素材を組み合わせる「編集者」など、映像制作の段階に応じて携わる職種が増えていきます。
資格は必要ありませんが、デザインに関する知識やIllustrator・Photoshopを使ったデザイン・編集スキルがあるとよいのではないかと思います。

ライター・編集

雑誌や書籍を制作するライターや企画立案する編集者も、クリエイター職の一つです。
編集者であれば、制作のスケジュール管理や進行、各業務を担当者に振り分けるなどの統括を担います。

その他、振り分けられた業務に対応し、記事や文言を寄稿するライター(コピーライター)や、挿絵を提供するイラストレーターなどのクリエイター職が存在します。
資格がなくても挑戦できる仕事ですが、デザイン知識や校正スキルなどを持っていると転職がしやすいです。

クリエイターの職場

多岐にわたる職種の中から、代表的なものをいくつかピックアップしてご紹介しました。
次に、クリエイターの職場についてご説明していきます。
クリエイター職の魅力として“自由な勤務形態が増えてきている”ことが挙げられます。
その自由度の高さは勤務地にも表れており、通勤を必須としないクリエイターも増えています。
あなたのライフワークに合わせた働き方ができるかを知るためにも、クリエイターの職場事情を確認していきましょう。

制作会社・広告代理店

専門学校や大学を卒業した後、多くのクリエイターが制作会社や広告代理店に就職をする傾向にあります。
クライアントから依頼を受けてWEBサイトや広告、映像の制作を行うため、いろいろな種類のデザイン・制作に携わることができます。
もちろん、取引先がいる分、制約を要することも多く、スケジュールの調整などをクライアントの都合で行う場合もあり、納期前は非常に忙しくなってしまうことも。
職種を選ばず多数のクリエイターが在籍しているので、業務もチームを組んで行うことが多いのが特徴です。

インハウス(社内)

インハウスデザイナーとは企業やメーカーから採用を受け、社内で働くデザイナーを指します。
制作会社や広告代理店で働くデザイナーと違って一つの企業の中で仕事をするので、専属感が強いです。
勤める企業はIT系に限らず、あらゆる企業で求人募集がされていることがあるので雇用先を選ぶことができます。
また、一つの企業で正社員や派遣・契約社員として採用を受けるため、安定した給与を得られるのも魅力です。

フリーランス

昨今、SNSでの個人の発信力が増したこともあり、フリーランスで活躍するクリエイターも増えています。

契約や所属をして勤務するのと違って、フリーランスは在宅勤務なことがほとんどで、自分のライフスタイルに合わせて好きな時間に仕事ができるのが特徴です。
クライアントから設定された納期に従ったスケジュールにはなりますが、自分のペースで働くことができるのは、フリーランスならではの魅力です。

フリーランスは給料が歩合制となるため、仕事量に応じて給与が変動します。
引き受ける仕事によっては、会社に在籍していた頃よりも収入が上がる場合もあります。

また、フリーランス・在宅勤務のクリエイターの特徴として、所在地を問わず仕事を受けられる点があげられます。
通勤を必要としないため、地方でも都心の企業から依頼を受けることが可能です。

宮崎県で働きたいクリエイターの方は、フリーランスでの活動を検討してみるのがよいのではないかと思います。

クリエイターの転職に必要なもの

クリエイターの転職に必要なもの

通常、転職をする際に必要なものは職務経歴書などの書類物だけですが、クリエイターの転職では企業からポートフォリオの用意などを求められる場合があります。
あるいは、必須でなくとも転職が有利になる知識や資格が多く、できれば取得しておきたい事・物が多く存在します。
転職をより良いものにするためにも、クリエイター転職に必要なものに一度目を通しておきましょう。

ポートフォリオを作成する

この項の冒頭で話題に挙げた「ポートフォリオ」ですが、聞き馴染みのない方も多いのではないかと思います。
クリエイターの就活におけるポートフォリオとは、クリエイター(求職者)の実績や力量がわかる作品集を意味します。
過去、これまでに制作してきた作品を集めた資料を、職務経歴書と共に求められる場合があります。 転職・就職に際してポートフォリオを制作することは自己アピールに繋がり、企業側からの技術力に対する評価を受けやすくなります。

ポートフォリオでは過去の作品をまとめるだけでなく、第一に自分を知ってもらうことが大切になっていきます。
作品が生まれた経緯、どのような考えで制作したのかなどの情報や、今後クリエイターとしてどのようなビジョンを描いているのかを記載し、短時間で自分の実績や展望を説明するようなポートフォリオ制作を目指しましょう。

必要なコードを習得する

WEBサイトを制作する上で、HTMLやCSSといったコードに関するスキルやプログラミング技術は重要になっていきます。
ソフトを利用することでコーディングを行わなくても、ある程度のWEBサイトの制作が可能ですが、クライアントの依頼に応じてコーディングの知識が必要になることがあります。
サイト設計からデザイン、コーディングまでの一連の流れを理解できていると、即戦力として採用率を上げることに繋がります。

デザイナーはコードに関する知識やプログラミング技術がなくても就くことが可能ですが、習得していて損はありません。
本やインターネットに掲載されている情報から習得することができるので、勉強をする際には利用してみてはいかがでしょうか。
クリエイターの中でも、特にWEBデザイナーやUI/UXデザイナーを志望する人は、コーディングに関する知識をつけておくのがおすすめです。

Photoshop・Illustratorなどの知識を身に付ける

多くのクリエイターが利用している、「Photoshop」と「Illustrator」。
いずれもWEBサイトのデザインだけでなく、チラシやポスターの作成などでも幅広く使用されている画像編集ソフトです。
この二つは、ほとんどの制作会社で標準ソフトとして設定されているため、クリエイターとして働くうちに、自ずと知識が身に付いていきます。
求人によっては「二つのソフトを操作できる」ことを募集条件に挙げている場合もあり、知識を身に付けておくことで、転職先の選択肢を広げることに繋がります。
コーディングと同じように、本やインターネットに掲載されている情報から操作方法を学ぶことは十分に可能です。
クリエイター職への転職を考えている人は、まずは Photoshop と Illustrator について学習してみましょう。

資格を取得する

クリエイターになるのに、基本的に資格は必須ではありません。
知識や技術力を優先して採用を受けられるのがクリエイター職の魅力ですが、持っていることで転職が有利になる資格がいくつかあります。
前述にあります、PhotoshopとIllustratorには能力認定試験があり、合格することで資格を取得できます。

その他にも代表的なもので、「Webクリエイター能力認定試験」や「ウェブデザイン技能検定」といったクリエイターの強みになる資格があります。
CGを使った制作を含むゲーム・映像クリエイターであれば「CGクリエイター検定」を取得しておくのがおすすめです。
クリエイター職の種類によって求められるスキルは異なります。
合わせて取得に最適な資格も異なるため、希望職に適した資格を調べてみるのがいいでしょう。

未経験からクリエイターになるには

知識や実力を身に付けることで、誰でも挑戦することができるのがクリエイター職。
では、実際に未経験からクリエイターになるのは、どのような過程を経ていけばいいのでしょうか。
未経験からのクリエイター転職の方法を、いくつかピックアップしてご紹介します。

各種スクールに通う

スクールに通うことで、手厚いサポートを受けてクリエイターに関する知識を身に付けることができます。
HTML・CSSといったコード知識やPhotoshop・Illustratorの操作方法などの基礎知識を学べる以外にも、デザインそのものについてもレッスンが受けられます。
講師がいる環境下なので、疑問点などをすぐ質問できるのもスクールならではの魅力です。複数人で授業を受けることが大半なため、人脈も広がります。
中には築いた人脈が仕事に繋がるケースも。
勉強方法にお悩みの方は、希望のクリエイター職について学べるスクールへ通うのがおすすめです。

独学で勉強する

クリエイターの転職で必要なものとして、コーディングや、Photoshop・Illustratorの知識・操作方法の理解を挙げましたが、いずれも独学で習得することが可能です。
現在、WEBデザイナーや映像クリエイターなど、クリエイター職それぞれで基礎知識に関する本やインターネット記事が多数公開・販売されています。
個人で学習をすることで、スクールに通うよりも費用を抑えることができる他、自分のペースで進めることができます。
副業でのクリエイターを目指している方や、働きながらの転職を予定している場合は、独学で勉強するのが適しているのではないかと思います。

また、企業によっては応募条件に資格取得を設定している場合がありますが、試験も個人で申し込み・受験ができます。
まとまった時間がなかなか取れないという方は、独学での勉強を検討してみてはいかがでしょうか。

レッスン付きの転職サイトを活用する

転職に関する支援のみを行うのが転職サイトですが、中には未経験者からクリエイターになることを支援したサービスも存在します。
スクールと同様に必要になる基礎知識を学べる上、転職の支援も受けることができるので、未経験からの挑戦に最適と言えます。
通常のスクールに通うよりもレッスン料が安価に設定されている場合もあり、誰でも申し込みやすいのも特徴の一つです。
しかし、スクールよりもレッスンの回数や時間が限られていることもあるので、サービスを利用する際はレッスンを受けながら並行して独学を行い、知識と技術を身に付けるようにしましょう。

クリエイター転職におすすめのサービス

クリエイターの転職事情に詳しくなったところで、いよいよ転職活動が始まります。
スクールに通っている場合は転職のサポートを受けられる場合がありますが、中には転職に関するサポートを行っていない施設もあります。
独学で勉強を行っている場合や、既にクリエイターとして活動している方は、自身で転職先を探さなければいけません。

そこで利用をおすすめしたいのが、転職支援サービスです。
サービスを利用して転職をすると、丁寧な面談の元、数ある求人の中から適した転職先の紹介が受けられる他、面接の日程調整や条件交渉を代わって行ってくれます。
働きながら転職活動をする場合など、時間を取ることが難しい方や、初めての転職で不安という方にはぜひご利用いただきたいのが、転職支援サービスです。
転職サイトの多くが全国に対応しており、首都圏・地方圏を問わず、サービスを利用することが可能です。
もちろん、宮崎県にお住まいの方も安心してサービスを利用することができます。

今回は当サイトでおすすめの転職支援サービスについてもおまとめしました。利用を検討する際に参考になれば幸いです。

シリコンスタジオエージェント

運営会社:シリコンスタジオ株式会社
拠点(オフィス):東京、大阪
公開求人数:約1千件

ゲーム業界最強のマッチング力【シリコンスタジオエージェント】
こちらはゲーム・映像業界のクリエイター、エンジニアに特化した転職サイトです。
著名なゲーム制作会社の求人など公開している案件の他に、高待遇の非公開求人の紹介も行っています。
クリエイターの就業経験がある方に向けた求人に富んでおり、スキルアップを目的とした転職におすすめです。
特にゲーム業界への転職を検討している方にぜひ利用いただきたい転職支援サービスです。

Webist(ウェビスト)

運営会社:株式会社クリーク・アンド・リバー社
拠点(オフィス):全国5箇所
公開求人数:約4千件

WEB業界、広告・出版業界で活躍しているクリエイター専門の転職サイト。
登録後からWeb業界、広告・出版業界に精通したエージェントからの細かいサポートを受けられます。
さまざまな雇用形態に対応しており、正社員以外にも契約社員や派遣、業務委託など、自由な雇用形態で転職活動が可能です。
ライフワークに合わせた勤務がしたいとお考えの方はこちらのサービスを利用してみてください。

まとめ

クリエイターの転職について、具体的なイメージを持つことはできましたか?
最後に、今回の振り返りをしていきましょう。

  • まずは自分が志望するクリエイター職について知る
  • 転職をする際は、コーディングやPhotoshop・Illustratorの知識があるのが好ましい
  • ポートフォリオを作成する際は、自己PRも兼ねていることを意識する
  • 未経験から挑戦する場合は自分の生活に合わせた勉強方法を選ぶ

以上のことを忘れずに、クリエイター転職に挑んでみてください!
あなたの転職に、少しでも役立つ情報があったのならば光栄です。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました