20代が転職に成功するためのポイント

20代が転職に成功するためのポイント転職・就職

就職活動を終え、実際に働き始めて社会人経験を積み上げていく中で、転職を考えたことのある20代の方はいるのではないでしょうか。

厚生労働省が平成28年に行った調査では、新卒就職者の3年以内の離職率は高卒就職者で39.2%(約4割)、新規大卒就職者で32.0%(約3割)と公表されています。
1年間で約3~4割の新卒就職者が離職しているのに合わせて、早期の転職を検討する人が多いことがうかがえます。

しかし、いざ転職をしたいと思い立ってみると「20代で転職は早いのでは?」「そもそも転職活動の仕方が分からない」といった疑問が出てきます。
そのため、なかなか転職活動を始められない…といった悩みを持った方もいるかもしれません。

本記事では20代の転職についてのお悩みを解消するとともに、実際に転職活動を行う際に注意すべき点などをご説明していきます。
20代向けの転職サイトに関する情報もまとめて紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

20代が転職を考える理由

20代が転職を考える理由

まず最初に、転職をしたい理由を考えていきます。
転職をしたいと思う理由を考えることで、自分が今どのような不満を抱えているのかが明確になり、転職先に希望する条件が浮かんできます。
漠然と「辞めたいから」という理由だけで退職をしてしまうと、転職活動がうまくいかなくなってしまう可能性も…。

また、理由を考えてみることで「今は転職をしなくてもいい」と気づける場合もあるので、まずは転職理由と向き合うことが大切です。

収入が低い

平成30年賃金構造基本統計調査の概況

引用元:平成30年賃金構造基本統計調査の概況

20代の若い社会人が転職を考える理由の一つに、「収入の低さ」が起因しています。
年代別の年間給与の平均額について、厚生労働省が平成30年に調査を行っています。正社員・正職員で20代前半(20~24歳)の賃金は213.2千円、後半(25~29歳)では245.7千円。
非正規雇用の社員・職員は、20代前半で182.1千円、後半は198.2千円と公表されています。
もちろん、全ての企業が平均額を支給しているわけではありません。

同資料内には産業ごとに年代別の年間給与の平均額がまとめられています。
20代前半で比べると、建設業では平均額が224.4千円となっていますが、製造業は203.2千円と、約20千円の差があります。
我が国における時間外労働の現状』内の「転職しようと思う理由別若年正社員割合」では平成25年時点で収入がいい会社にかわりたいと答えた人が44.6%と、最も多い回答になっています。
同年代と比較して収入が低いと感じた際に、転職によって収入のアップを図りたいと考えることがあるようです。

残業や休日出勤…etc. 労働条件の悪さ

さまざまな業界で働き方改革が進む中、労働条件の不満が解消されないことを理由に転職を考える人は多いようです。
厚生労働省の『我が国における時間外労働の現状』によると、1ヶ月間の法定時間外労働の実績は45時間以下である業界がほとんどだと公表されています。
業界によっては45時間を超える数値が記録されており、残業や休日出勤に悩む人が一定数いる印象を受けます。

また同資料内、「転職しようと思う理由別若年正社員割合」では労働時間・休日・休暇の条件がよい会社にかわりたいと回答した人が40.6%(平成25年)と、収入の低さに次いで回答の多い理由となっています。
仕事にやりがいを感じていても、連日の残業や休日出勤で体調を崩してしまい、退職を余儀なくされるケースもあります。

20代からワークライフバランスを考えて、転職するか否かを決めるのはとても大事なことです。

人間関係がうまくいかない

転職を考える20代の中には、人間関係がうまくいかなかったことを理由に悩んでいる人もいます。
企業は社長をはじめ、上司や先輩、同期や後輩など、いろいろな立場の社員が働いて成り立っています。人数が多い分、人間関係も多種多様になり、悩みを抱える若手社員も増えてしまうのではないかと思います。

SNS上では人間関係を理由に退職を決めたという投稿も見られます。
人間関係がどのように変化していくかを入社前に予想することは難しく、働き始めてから問題が浮上することが大半のため、多くの20代が人間関係に悩む傾向にあります。
上司や同僚との関係が悪いまま働き続けることは、モチベーションを下げることにも繋がります。

中には人間関係からストレスを感じて、体調を崩してしまう人もいます。
労働条件と同じように、人間関係はワークライフバランスに関わる大事な要素です。
より働きやすい環境を求めて転職を考えるのは、自然なことと言えます。

やりがいや将来性を感じられない

前出の「転職しようと思う理由別若年正社員割合」で、収入・労働条件の順に回答の多い理由となっています。
その次に ・自分の技能・能力が活かせる会社にかわりたい ・仕事が自分に合った会社にかわりたい ・将来性のある会社にかわりたい といった、スキルアップに関する内容や、将来性を期待する回答が並んでいます。

公益財団法人 日本生産性本部と一般社団法人 日本経済青年協議会によって平成31年度新入社員に対して行われた「働くことの意識」についての調査にて、会社を選ぶ時の要因を質問した結果、「自分の能力、個性が生かせるから」が29.6%で最も多い回答になっています。
その他にも「仕事が面白いから」(18.4%)や「技術が覚えられるから」(13.1%)が次いで回答率が高く、働くに際してやりがいや将来性を重視して就職先を決める20代が非常に多いことが分かります。

企業によっては、働き出してから「聞いていた業務内容と違った」というように、事前のイメージから乖離した業務を任されるケースもあるようです。
期待していた業務ができないことで仕事に対するやりがいや将来性を失ってしまい、転職を考える20代は多いのではないかと思います。

また現職に不満を感じていなくても、別の業種に興味を持ったことを理由に、異業種へ転職を考えるケースもあります。
自身のスキルアップを絡めて仕事を選びをすることは、今後の人生プランを考える上で欠かせない手順と言えます。

宮崎県内の早期離職について

全国的な調査では、新卒就職者の3年以内の離職率は約3~4割となっています。
では、宮崎県内の早期離職はどうなっているのでしょうか?

本項では、県内の早期離職の状況と共に、宮崎県で働く20代の年収事情を説明していきます。宮崎県内で転職を考えている20代の人は、ぜひ参考にしてみてください。

宮崎県の早期離職率は?

宮崎県と全国の早期離職率

引用元:平成 29 年度宮崎新卒者等就職・採用応援本部会議

宮崎県の早期離職率ですが、宮崎労働局職業安定課雇用企画係から以下のデータが公表されています。

新規規大卒者の卒業後3年以内の離職率について、県内と全国でグラフにしてまとめられています。
宮崎県では、19~26歳までの離職率は39~43%前後を推移しています。
全国の数値(約3割)と比べると、宮崎県は離職率が約4割と、いずれの年齢でも高い傾向にあります。

また、同資料では新規高卒者のの卒業後3年以内の離職率についてもまとめられていますが、例年41~50%前後を推移しており、こちらも比較的高い傾向です。
県内で働く20代のうち、多くの人が早期離職を検討&実行していることが分かります。
離職に伴い転職を行う人が多いと推察でき、宮崎県では多数の新卒社員が転職を経験しているのではないかと思われます。

宮崎県で働く20代の年収

引用元:e-Stat(政府統計ポータルサイト)

続いて、宮崎県で働く20代の年収でについて説明していきます。
e-Stat(政府統計ポータルサイト)では、産業計による20代の年収情報が公開されています。

20代前半(20~24歳)では現金支給額が210.3千円、後半(25~29歳)では228.0千円となっています。
前述で説明していますが、全国の平均は20代前半は213.2千円、後半で245.7千円。比較すると、宮崎県の20代の年収は前半で2.9千円、後半は17.7千円ほど支給額が低いことが分かります。
前半では大幅な乖離は見られませんが、20代後半に差し掛かってくると、全国の平均よりいくらか低い傾向にあります。20代が転職を考える理由の一つにある「収入の低さ」が要因して、宮崎県の早期離職率の高さにも影響を与えているのではないかと推察できます。

県内でも全国と同様に、収入に対する不満から転職を考える若年正社員は多いのかもしれません。

20代で転職するメリット

20代で転職をすることに対し、「早すぎるのでは?」と疑問を持つ人がいるのではないでしょうか。

実は、20代は転職をするのに最も向いた年代なのです。
なぜ転職に向いた年代なのか、20代で転職するメリットを説明しながら、疑問を解消していきます。

実績だけでなくポテンシャルを考慮してもらえる

20代で転職をするメリットとして、「ポテンシャルが評価されやすい」ことが挙げられます。
30代に近づくにつれて割合は減っていきますが、20代は実績よりもポテンシャルを重視して、採用を受けられる傾向にあります。
年齢が若く、社会人経験が浅いことから、物事を吸収する力や今後の可能性、柔軟性などを尊重して20代の転職者を採用する企業は比較的多いのです。
即戦力としての活躍よりも後々の成長を期待した選考を受けることができるため、他の年代と比べると転職活動がスムーズに進みやすいのではないかと思われます。

また、30代以降になると、実績や経験量を重視されながら転職活動を行うことになり、状況によっては転職先の選択肢が減ってしまう場合があります。
異業種への転職などを行う際も、やはりポテンシャルを考慮して採用を受けやすい20代のうちに、転職活動を行っておくのがよさそうです。

労働環境の改善が図れる

「収入」「労働条件」といった労働環境の改善が図れることも、20代で転職をするメリットに含まれます。
自分の希望条件に合った職場へ転職をすることで、月収や年収のような今の生活に影響する給与アップはもちろん、残業のない・少ない職場環境に移ることが可能です。

新しい環境に移ることで、人事評価を一新することもできます。
現職で昇進の見込みがあまりないという人は、転職をすることで昇進がしやすくなる可能性があります。

また、若いうちに転職するメリットとして、退職金の額が減る割合を低くできる点が挙げられます。多くの企業が、退職金の支払額は勤続年数によって増減を決めています。
転職をして長期的に勤めるようであれば、生涯年収をアップさせるためにも、早い段階で転職を考えるのがよいのではないかと思います。

異業種へ挑戦がしやすい

早期転職は、異業種への挑戦などキャリアチェンジをするのに適しています。
特定の業界での経験が長くなって年齢が上がると、別の業界へ転職をすることが難しい傾向にあります。

対して、ポテンシャルが評価されやすい20代であれば、今後の可能性を重視されて異業種への挑戦がしやすいのです。

キャリアチェンジをして本当にやりたい仕事に就くことで、一つの企業で長期的に働く計画が立てられます。
現職の業界に適性がないと感じている人や、新たに挑戦したいことがある人は、一度転職を考えてみてはいかがでしょうか。

転職時に注意しておきたいこと

転職時に注意しておきたいこと

続いて、転職をする際に注意しておくべきポイントをご説明いたします。
20代は転職に向いている年代ですが、有利だからと言って準備を怠ってしまうと、転職を失敗してしまうかもしれません。
選択肢が多く、転職がしやすい時期だからこそ、注意点を押さえて転職活動に挑みましょう。

20代前半と後半では転職事情が変わる

まず注意しておくべきなのが、同じ20代であっても、前半と後半で転職事情に違いがあるところです。
20代前半は社会人経験が浅いことから、特にポテンシャルを重視される傾向にあります。
また新卒3年以内であれば第二新卒に該当するため、限定して募集されている求人への申し込みが可能です。

第二新卒は、経験ゼロの新卒よりも育成コストがかからないので、積極的に採用する企業が多いです。
求人数が多い分、転職先の選択肢も増えて、さまざまな業種にも挑戦しやすい年代です。

同様に20代後半でもポテンシャルを考慮した採用判断は受けられますが、前半と比較すると実績面が重視される傾向にあり、企業側から即戦力として期待されている印象を受けます。
新人を指導する立場や責任を負うポジションの求人募集が増えてきて、キャリアアップを目的とした転職がよりしやすいのが特徴です。

4年以上の積み上げてきたスキルを活かした転職がしたいのであれば、20代後半での転職がおすすめです。

このように、20代前半と後半だけでも、採用の際に重視される要素に違いがあり、転職のしやすさも変わっていきます。異業種へ積極的に転職がしたいようであれば前半、キャリアアップを目指すのであれば後半での転職が最適です。

転職先の情報収集を怠らない

転職に失敗してしまった人の中には「思っていた職場と違った」というように、入社前と後で職場に対してギャップを抱くケースがあるようです。

こういったケースでの失敗を防ぐためには、事前の情報収集がカギになってきます。
求人情報だけを見て申し込みをするのではなく、ホームページなどに掲載されている情報もきちんと確認しておきましょう。
企業側から公開されている情報以外にも、口コミサイトから情報収集を行うことで、現場で働く人の声を知ることができます。

なお、転職サイトなど、第三者を介した転職活動を行っている場合、カウンセラーに企業の情報を聞くことも可能です。
カウンセラーは業界に精通した人が多いので、インターネット上だけでは知り得ない情報を開示してくれることも。
現場で働く人の声や有給消化率、人手不足の状況など、職場環境に関して、より詳細な情報を得ることで、転職が失敗する確率がグンと減る傾向にあります。

異業種に転職する場合は職業の概要や、やりがいなどについても調べておくと、実際に働き始めてから感じるギャップを少なくできます。転職をするにあたって、情報収集を怠らないようにしましょう。

30代以降の人生も視野に入れる

20代での転職は、30代以降の人生にも多大な影響を与える出来事です。
そのため、転職活動を行う際には30代以降の人生プランを考慮しなければいけません。

転職した先でのキャリアアップや昇給はどうなっているのか、通勤はしやすいか、遠い場合は家賃補助などの制度はあるのか…などなど。
長期的に働いて30代以降も勤めることを考えているのであれば、さまざまな要素を気にかけながら希望条件を出していきましょう。
特に異業種へ転職をする場合、一からキャリアを積んでいく必要があるため、30代以降の自分がどのようなポジションについているかなどを考えておくことが大切です。

目先のメリットだけではなく、あなたのやりたいことや人生プランを考慮した選択が必要になっていきます。
仕事に限らず、今後の人生全体を大きく変えうる可能性のある20代の転職活動は、より慎重に行うように心がけましょう。

転職を成功させるポイント

注意しておきたい点を押さえたら、次は転職を成功させるポイントをチェックしていきます。
転職のしやすい20代も成功のポイントを押さえることで、より最適な転職をすることができます。 円滑な転職活動を行うのにも役立つポイントです。
ぜひ参考にしてみてください。

転職理由を明確にする

前述にもある通り、まずは転職理由を明確にすることが大切です。
理由について考えると、いまの仕事に対してどのような不満を持っているのかが理解できるため、求人探しの条件を挙げやすくなります。
条件を挙げることは、あなたが求める環境に転職する手がかりになります。抱えている不満を、どのようにしたら解消できるのかを発想するためにも、まずは理由を考えるところから始めてみましょう。

転職理由を明確にして転職先に求める条件を出したら、条件に優先順位をつけることで、転職活動がスムーズになります。
「年収は○○円以上」「職場環境の整った職場がいい」というように自分の希望条件から、何を一番重要視しているのかを考え、順に条件を並べていきましょう。

その他にも、実際に転職先との面接になった時に転職理由を聞かれても、答えるのに困らずに済むので、採用のチャンスを広げることができます。
円滑な転職活動にも繋がるので、求人探しをする前に、転職理由を明らかにすることを推奨しています。

自己分析を行って自分を理解する

20代のうちに転職はしたいが、自分が何をやりたいのかが分からないとお悩みの方も多いのではないでしょうか。
やりたいことが分からないまま、何となく転職活動をしてしまうと、適職に就くことができずに転職を繰り返してしまう可能性があります。
これまでの経歴や経験を振り返り、それはなぜ取り組んだのか、経験してどのような価値を感じたのかを考え、自己分析を行ってみましょう。
一つの出来事に対して複数の疑問を持って振り返ることで、やりたいことを突き止めやすくなります。

転職先で長期的に働きたいと考えているのであれば、自己分析をして自分が何をやりたいのかについて理解することが重要になっていきます。
自己分析はあなたの特徴・強みを活かした職につくためにも必要な手順です。
面倒だからと避けることはせず、しっかりと行って自分を理解しましょう。

自分の強みを言語化する

自己分析をして見つけた自分の強みを言語化して人に伝えられるようにしておくことで、面接などを有利に進められます。

中には自己分析をして自分のやりたいことは分かっても、強みが分からないという人もいるかもしれません。
「強み」と聞くと特別な才能やずば抜けて優れた能力をイメージしてしまい、自分に強みを見出すことができなくなってしまうことがあります。
就職・転職活動で質問される「強み」とは、求職者の個性や特徴を指すのがほとんどです。
気負い過ぎず、客観的に自分を振り返って分かった自身の性格や考え方をベースに、強みを言語化してみてください。

自分の強みを面接時に伝えられると、企業側から仕事にあった人材として採用してもらいやすくなる可能性があります。
やりたいことに基づいて決めた転職先に勤められるように、強みの言語化を忘れずに行いましょう。

スケジュールを立てて行動する

転職理由を明確にして希望条件を出し、自己分析を行ってやりたいことを突き詰めたら、最後に転職活動のスケジュールを組み立てましょう。

スタート時期は転職活動に要する期間から逆算して決めるのがおすすめです。 一般的に転職活動の平均期間は1~3ヶ月と言われています。
(参照:平成 27 年転職者実態調査の概況
もし4月入社を目指すのであれば、1月頃から転職活動を始めるのが理想的です。

しかし人によっては転職活動にかかる期間が大きく異る場合もあります。
在職中に転職をするのであれば仕事をしながら面接の日程を調整する必要があり、離職中の転職活動に比べて時間が制限されやすいです。
期間中に引継ぎ作業や退職の手続きなどを考慮したスケジュールを細かく立てることで、ゆとりのある転職活動が見込めます。

逆に離職中であれば、転職活動の平均期間 1~2ヶ月を参考に、こちらも逆算してスケジュールを立てるとよいでしょう。

スケジュールの立て方は転職希望者それぞれで違っていきます。
「○月の入社を目指して、○月中に面接をする」というように、個人の目標に沿ったするを組み立てていきましょう。

20代におすすめの転職サイト

20代の転職で注意しておくこと・成功させるポイントを押さえたら、次は転職活動です。
実際にインターネットなどの求人情報を調べて、希望の条件に合った求人を探していきます。
しかし働きながらの転職を考えている人や、初めての転職で右も左も分からないという人の中には、求人を調べる時間が取れない・やり方が分からずに、なかなか活動が進まないことも…。

そういった悩みをお持ちの方におすすめしたいのが、「転職サイト」を利用しての転職活動です。
転職サイトでは、さまざまな業種の求人情報がまとめられているため、求人情報が非常に見やすく、転職活動が円滑に進みます。 また、サービスによってはキャリアアドバイザーによるサポートを行っています。
専任のアドバイザーとの面談の後、求職者に最適な求人紹介、面接のセッティングを代わって対応してくれます。
キャリアプランに関する悩みなどを相談することも可能なため、一人での転職活動が不安な方は、ぜひ利用を検討していただければと思います。

まだ転職をするか悩んでいるという方も、事前に優良な転職サイトを知っておくと、転職活動をよりスムーズに始められます。
以下に20代の転職支援に特化した、おすすめの転職サイトをまとめました。
まずは転職サイトの情報を確認していきましょう。

ゲキサポ

運営会社:ポジウィル株式会社
拠点(オフィス):東京
キャリアアドバイザー:あり

プロのキャリアアドバイザーからの支援をマンツーマンで受けられる、充実のサポートが魅力的なサービスです。
週に1回、専属トレーナーとビデオ会議や通話で、60分間のキャリアトレーニングを受けることも可能です。
一人では難しい自己分析や面接対策、業界研究を、プロのアドバイスの元、徹底して行うことができます。
初めての転職活動を一人で行うのが不安な方は、ぜひこちらのサービスを利用してみてください。

キャリアスタート

運営会社:キャリアスタート株式会社
拠点(オフィス):東京
キャリアアドバイザー:あり

20代の転職者やフリーターに特化した、若手専業の転職サイト「キャリアスタート」。
キャリアカウンセリング、求人紹介などの一般的な就活サポートに加え、徹底した面接トレーニングが受けられます。
入社後のアフターサービスも充実しており、日本全国各地から上京する方に向けて住居面のサポートも行っています。
正社員の面接を受けたことがない方など、初めての就職・転職活動に挑む人に利用いただきたいサービスです。

DYM就職

運営会社:株式会社DYM
拠点(オフィス):東京、大阪
キャリアアドバイザー:あり

DYM就職では未経験OKの求人も数多く取り扱っており、幅広い求人の中から希望に合った紹介を受けることができます。
経歴や学歴に不安があっても正社員に転職・就職ができて、最短1週間でのスピード入社を叶えた事例もあります。
サービスと企業の強い結びつきで、採用担当の方や企業の社長と直接交渉を行い、登録後、書類選考なしで面接が受けられます。
面接のサポートや内定獲得後のフォローもバッチリ行ってくれるので、スピード感がありながらも安心して利用できます。

第二の就活

運営会社:株式会社UZUZ
拠点(オフィス):全国3箇所
キャリアアドバイザー:あり

平均20時間以上に及ぶ丁寧なサポートが受けられる、20代の転職サイト【ウズウズカレッジ】
カウンセラーとマンツーマンで転職を行う“個別サポート”か、ビジネスマナーやマインド研修などの豊富な講座を受けて転職活動に挑める“集団サポート”が選べます。
またキャリアカウンセラーの9割が元既卒・第二新卒のため、経験者だからこそ分かるノウハウを教わりながら転職活動ができます。
転職時期が未定な方も、適性職や自分向けの求人を知りたいといった目的で登録することが可能です。ぜひ一度利用を検討してみてください。

第二新卒エージェントneo

運営会社:株式会社ネオキャリア
拠点(オフィス):全国4箇所
キャリアアドバイザー:あり

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】
物流やアパレル、銀行や土木建築など、豊富な業界から求人を探せるサービス。
簡単な登録を終えた後、専任アドバイザーと面談を行い、キャリアプランニングの手伝いが受けられます。
未経験職種への転職やはじめての就職にも対応しており、アドバイザーのサポートの元、自分の適性職に就くことが可能です。
内定が決まった後も入社前研修を受けられる、新しいキャリアの支援に長けた転職サイト【第二新卒エージェントneo】です。

シンアド

運営会社:株式会社ホールハート
拠点(オフィス):東京
キャリアアドバイザー:あり

マーケティング職の転職なら「シンアド転職エージェント」

マーケター特化型転職エージェント「シンアド転職エージェント」では広告・PR・IT業界に特化した転職支援を行っています。
入社2年目からのキャリア形成にお悩みの方に向けて、いま最適なキャリアプランを提案してくれます。
一部の業界に強みをもっていることから独占案件も取り扱っているので、他のサービスでは紹介を受けられない求人に出合えます。
広告・PR・IT業界への転職をお考えの方は、ぜひこちらの転職サイトを使ってみてください。

まとめ

本記事では20代の転職事情についてお話してきましたが、いかがでしょうか。
早期転職に対して具体的なイメージを抱くことはできましたか?

最後にまとめて、20代の転職をご説明いたします。

  • 同じ20代でも前半と後半でメリットが異なるため、目的に合わせた時期の転職を検討する
  • 転職に向いている年代でも、転職先の情報はしっかり収集する
  • 20代の転職は、30代以降の人生プランも考慮して決める
  • 転職活動をする前に、転職理由を考えて希望条件を出し、条件に優先順位をつけておく
  • 自己分析を行い、自分の強みを言語化する
  • 転職活動のスケジュールは状況に合わせてて組み立てる

以上の点に気をつけて、早期転職に挑んでみてください。
あなたの転職が成功することを祈っています。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました