クラウディア(Craudia)を在宅ワークで検討!

クラウディア(Craudia)在宅ワーク

新型コロナウイルスの影響で、昨今、注目を集めている「在宅ワーク」。満員電車で通勤して、会社に出向く必要がなく、お子さんの面倒も見ながら、自宅で安心した環境で仕事ができるというのは大変魅力的です。

また、外出自粛をきっかけに、在宅ワークはますます需要が増してくるでしょう。
仕事を受注する側も、仕事を発注する企業も、在宅ワークに仕事を転換する動きが活発になっています。

そのような情勢の中で、今回紹介するWeb上で仕事の受注、発注など一通りの取引を完結できるクラウドソーシングサービスは、在宅ワークの代表格です。
その一つに、クラウディア(Craudia)というものがあります。

クラウディアは、国内大手のクラウドソーシングサービスである、クラウドワークスやランサーズに並び、登録者数が100万人を超える国内最大級のサービスの一つです。
今回は、このクラウディアについて取り上げ、クラウディアを活用した在宅ワークについて検討していきたいと思います。

クラウディア(Craudia)とは?

クラウディア(Craudia)とは、個人・法人(ワーカー:受注者)と、仕事を依頼したい個人・法人(クライアント:発注者)の間で、Web上で仕事の取引ができるクラウドソーシングサービスの一つです。

クラウドソーシングサービスには、クラウドワークスやランサーズなど、さまざまなブランドがサービスを展開していますが、クラウディアはその中でも幅広い案件が魅力です。
Webのスキルを持ったフリーランスから、副業メインのサラリーマンや主婦、学生まで、さまざまなステータスの方々が取り組むことができる仕事が豊富にあります。
そのことが、登録者数を国内最大級に押し上げている大きな要因になっているといっても過言ではありません。

クラウディアの詳細

クラウディア(Craudia)を利用する会員は100万人を超えており、サラリーマンや学生、主婦などが副業として、またフリーランス(個人事業主)が本業としてなど、多くの人が利用しています。
クラウディアではWebサイト、モバイル制作、アプリ・システム開発、Webデザイン、Webライティング、翻訳など幅広い仕事内容が紹介されており、専門のスキルや経験を活かした仕事から、スキルがなくても誰でも取り組める単純作業まで、さまざまな仕事のニーズに対応しています。

運営会社は?

クラウディア

クラウドソーシングのCraudia(クラウディア)!!

サービス名:クラウディア(Craudia)
運営会社:株式会社エムフロ
設立:2004年9月
事業内容:インターネット広告・ソリューションサービスの販売代理店事業、インターネット及びモバイルにおけるメディア運営事業、コンテンツ企画、サイト構築を含む総合メディア・PRコンサルティング事業、サーバホスティングサービス事業、サーバハウジング事業、ドメイン取得事業、ソフトウエア開発・保守事業、物販事業、投資事業、以上の事業に付帯する一切の業務
売上:19億4,530万円(2019年度)

クラウディア(Craudia)の特徴

具体的にクラウディア(Craudia)を活用してどのような仕事ができるのでしょうか?
また、クラウディアを利用するにあたって、その方法にどのような特徴があるのでしょうか?

以下では、クラウディアの仕事内容や特徴について詳しく見ていきたいと思います。

あなたの得意ジャンルの仕事が選べる

クラウディアの仕事の種類

クラウディア(Craudia)では、ウェブサイト制作、アプリ・システム開発、Webデザイン、Webライティング、翻訳など、Webの知識や、スキル、経験、また学歴や過去の仕事経験を活かした仕事の案件が多数あります。

もともと、運営会社のエムフロがウェブ関連企業のため、ウェブサイト制作やWebデザインなどのIT領域の仕事に強みがあるようで、Web関連の専門知識を必要とする案件が多く見られます。
それ以外にも、簡単なデータ入力や文字起こし、アンケート集計など、特別なスキルや経験、学歴や仕事経験がなくても取り組むことができる仕事が多数あります。
そのため、自分の知識や経験に合わせて、自分の取り組みやすい、得意なジャンルの仕事を見つけ、仕事を受注することが可能です。

最近では、動画の制作や編集の仕事案件も増えています。
これは、YouTubeを活用した動画チャンネル作成に取り組む人々(YouTuber:ユーチューバー)が増えていることにも起因します。
企業側も動画制作に力を入れて広告宣伝活動を活発化させている傾向があり、これから動画関連の仕事の需要はさらに増してくるでしょう。

初心者や経験者などスキルに合わせて難易度が選べる

もしクラウディア(Craudia)で仕事を受注する場合、受注者は発注者から必要なスキルを求められる場合があります。
例えば、ウェブサイトの制作依頼であれば、過去にウェブサイトを制作した仕事経験(ポートフォリオ)や、プログラミングの知識などが要求されます。

Webデザインであれば、イラストレーターなど指定のソフトウェアやアプリの仕事での使用経験やスキルが求められることがあります。
そのような仕事の場合、過去の実務経験が大きく影響してくるので、仕事の難易度としては高いですが、その分報酬も1件あたり100,000円以上のものも多数あり、高報酬と言えるでしょう。

一方で、Webライティングやエクセルでの簡単なデータ入力、アンケート集計、会議やイベントなどでのスピーチの文字起こしの案件については、特段専門スキルや実務経験がなくても取り組みやすい案件と言えるでしょう。
そのため、クラウドサービス初心者でも、気軽に仕事の受注ができます。

気を付けておきたい点として、報酬については時給換算で1案件平均500〜1,000円のものが多く、低めになるということです。
しかしながら、サラリーマンや主婦、学生が副業・アルバイトとして仕事をするのであれば、このような取り組みやすい仕事をするのも選択肢の一つとしてありではないかと思います。

取引方法に時間制方式がある

クラウディア(Craudia)の仕事方式の中には、時間制方式というものがあります。
時間制方式とはその名のとおり、時間に対して報酬を支払う(時給)方式です。
時給や仕事時間など希望にあった条件を提示してくれた仕事の受注者と仕事を進めていきます。
1つの案件で多数の受注者と週単位で契約ができ、中長期にわたって進める仕事に向いています。

仕事の発注者は、仕事の計画や見積が決まったら、依頼に必要な金額をクラウディア口座へ週単位で入金・エスクロー(仮払い)を行います。
仕事の受注者は、仕事した時間に対して報酬を受け取ることができるというメリットがあります。
そのため、例えばWebライティングの記事を作成するのに1記事5,000円という契約であれば、1記事書くのに10時間かかったとしても、受け取れる報酬は5,000円で固定です。

しかし、時間制の場合は、「1時間あたり○○円の報酬」と時給で換算されるので、作業量に対して時給が極めて低くなるというリスクを避けることができます。
また、クラウディアでは仮払いシステムを導入しているので、仕事の発注者から報酬を受け取ることができないなどの未報酬リスクやトラブルを避けることができます。

報酬を受け取るために、仕事の受注者はクラウディアに対して手数料を支払うのですが、その手数料は最低3%(受け取る報酬額によって手数料は変わる)と、クラウドソーシングサービス業界の中で最低水準で、受注者にとってはお得になっています。

登録者数が多い

クラウディア(Craudia)の魅力として、登録者数が多いことが挙げられます。
その数は、仕事の受注者や発注者を合わせて100万人を超えています。これは、クラウドソーシングサービス大手のクラウドワークスやランサーズと並び、国内最大級です。

登録者数が多いということで、仕事のジャンルも幅広く、また案件数も多く紹介されています。
登録者の中には、発注者であれば特にIT関係の中小企業、中小のベンチャー企業が多く登録しています。
また、フリーランスが仕事を発注するケースもあります。

一方、受注者はフリーランスのプログラマーやエンジニア、WebデザイナーやWebライター、翻訳者など、本業フリーランスから、サラリーマンや主婦、学生などの副業メインの方まで多岐に渡ります。

まとめ

いかがでしたか?国内最大級の登録者数を誇るクラウドソーシングのCraudia(クラウディア)!!
Web関連の専門知識やスキル、実務経験を有する方々から、サラリーマンや主婦、学生といった副業・アルバイトメインの方々まで幅広く活用されているクラウドソーシングサービスでは、自分自身の得意なジャンルの仕事を見つけて報酬を得ることが可能です。
また、時間制方式という取引方法があり、仕事にかけた時間がしっかりと報酬に反映される仕組みが整っています。
そのためクラウドソーシングサービスを初めて利用して仕事を受注する方でも、安心して仕事に取り組めるのではないでしょうか?

自分の仕事経験やスキルに合わせて、得意なことを活かせる仕事を、クラウディアを使って見つけてみるのはいかがでしょうか?
ぜひクラウディアで快適な在宅ワークを始めてみましょう!

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました